• HOME
  • 壱岐七ふく神

壱岐七ふく神とは?

神々の宿る島、壱岐。

美しい海に囲まれたこの小さな島は、古来より、天然の水がめとして、
豊富な地下水を有してきました。

この神の恵みでもある地下水を使い、手塩にかけて育てられた壱岐のふく。

召し上がっていただいた方に、

「七福神のご利益がありますように。」と願いを込めて、

「壱岐七ふく神」と名付けました。

七つの特徴

1、世界初の技術
2、成長に適したストレスフリーな環境
3、ノンケミカルで安心・安全
4、淡白で歯応えのある肉質
5、輝くような身の白さ
6、味上げによるうまみ成分アップ
7、自然に優しい循環ろ過方式を採用

「壱岐七ふく神」はここで育てられる!

なかはら陸上養殖センター

郷ノ浦町にある世界初「低塩分陸上養殖施設」で、「壱岐七ふく神」は育てられています。

地下水と海水がブレンドされた水槽は、1%前後の低塩分に保たれ、病気になりにくい環境に。

ストレスフリーの水槽で育つ「壱岐七ふく神」は、美容と健康に優れた食材で、コラーゲンたっぷり。